アルツハイマーの進行を防ぐ!予防や対策で悪化を阻止しよう

親子

脳の状態を悪くしない

お年寄り

脳に必要な栄養素を補給させていけば、アルツハイマーになるリスクを減らすことができます。薬を飲んでいる人の場合は、忘れずに医師に相談しておくことです。食事の改善だけではなく、いろいろなことを行うことを忘れてはいけません。

詳しくはこちら

若い世代にも起こりやすい

夫婦

現在若い方にも流行していると言われているアルツハイマー型認知症ですが、近年のデータでは男性より女性の方が多いと言われています。脳疾患であることから、記憶力や思考能力の低下により、アルツハイマーが始まります。最初は些細なことかもしれませんが、忘れ物が多くなった、何をしようとしたかったのか忘れたなどという出来事がきっかけだと思います。それから徐々に進行していき、しまいにはほんの数秒前の出来事も思い出せなくなるほどの重症になってしまう可能性があります。またアルツハイマーであることを受け入れられず、うつ病になってしまうというケースも少なくありません。周りへの理解と手助けを協力してもらうことが進行を防ぐきっかけになると思います。

アルツハイマーを防ぐ方法としては、やはりメモを取ったり、その日あった出来事を思い出したりすることが大事になってくると思います。向かう行き先や自分の今いる位置などを把握することにより、アルツハイマーの進行を防ぐことができますし、現在ではサプリメントなども販売されているので、試してみるといいと思います。しかし防ぐことができてもアルツハイマーを完治させるということは出来ません。歳を重ねるに連れ、脳の萎縮などの変化がありますので、元の状態に戻ることはありません。やはりアルツハイマーと診断された以上は周りの協力、理解を求めて行動することが一番の危険を防ぐことになりますので、受け入れて生活することが必要になると思います。

中年以降の女性のために

薬膳

更年期障害には、漢方が効果的であることが知られています。漢方は、症状の元を気、血、水にもとめ、その人のタイプを証で分けます。これらの判断は、4診という診断方法が使われ、それによって、その人に合った漢方の処方がなされます。

詳しくはこちら

更年期に現れる症状とは

カプセル

更年期障害は症状をそのまま放置していくことによって様々な精神疾患を引き起こす可能性があります。もちろんすべてのケースでそうなるというわけではありませんが、必要に応じて専門の医療機関を受診し、投薬治療を施していく必要があるのです。

詳しくはこちら